職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

コミュニケーション円滑化の鍵を「ジョハリの窓」で考えた

 

「ジョハリの窓」という、コミュニケーションを円滑にするための考え方があります。これは心理学者のジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリ・インガム (Harry Ingham) が考案したもので、この考え方を用いることで、周囲への自己開示の程度がわかり、自分が周囲とどれくらいコミュニケーションが取れているかを自己分析できるのです。ちなみに「ジョハリ」というのは、“ジョ”セフ・ルフト+“ハリ”・インガム=“ジョハリ”であり、二人の名前を合わせてできた造語です。

 

「ジョハリの窓」は4つの窓で構成されています。

①開放の窓 … 自分も他人も知っている、公開された自己
②盲点の窓 … 自分は知らないが、他人は知っている自己
③秘密の窓 … 自分は知っているが、他人は知らない、隠された自己
④未知の窓 … 自分も他人も知らない、誰も知らない自己

この4つの窓は、人によってその大きさが違いますが、窓の大きさの比率は固定されているのではなく(ただし4つの窓の総面積は固定)、自分の意思でそれぞれの窓の大きさの比率は変えることができるのです。

f:id:ikuzusblog:20180308230215p:plain

①の開放の窓が大きければ、周囲への自己開示が進んでいることになり、コミュニケーションが上手くいっているということになります。
逆に小さいと、②盲点の窓と③秘密の窓の大きさの比率が高くなり、自己開示が進んでいない→コミュニケーションが上手くいっていないという事になります。

【コミュニケーションが上手くいっている状態】
f:id:ikuzusblog:20180308230207p:plain

 

もし「自分のコミュニケーションが上手くいっていない」と思っているのなら②盲点の窓と③秘密の窓を小さくすることで、改善させることができるのです。
それでは、どのようにそれぞれの窓を小さくすればいいのかというと…

●「②盲点の窓」を小さくする
→他者からの指摘を真摯に受け止めたり、自分を見直す作業をする

●「③秘密の窓」を小さくする
→表面的でない、本当の自分を見せる

これをやると、「盲点の窓」と「秘密の窓」が小さくなり、
「開放の窓」が大きくなるのです。

 

ここで注意したいのが、「開放の窓」を大きくするためには、
「開放の窓」を大きくして「盲点の窓」と「秘密の窓」を小さくするのではなく、
「盲点の窓」と「秘密の窓」を小さくして「開放の窓」を大きくしなけれはばならないという事です。この大きさの変え方は似て非なるもの。意味が大きく変わります。

自分の「盲点」や「秘密」はそのままに、「開放の窓」を大きくしようとすると、本来の自己とは違う「理想的な自己」ばかりを開放してしまいます。尊大なイメージの人はこの傾向が強く、自分大好きでおしゃべり好きな人というのは決してコミュニケーション能力が高いとは言えないのです。なので「盲点」を縮小し「秘密」をオープンにして、本当の自己を開放することが肝要と言えるのです。

 

「盲点の窓」の縮め方

盲点の縮小化は周囲の協力が効果的で、ポジティブな「盲点」を相互に指摘することに効果がありそうです(なお、ネガティブな指摘はケンカになりかねない。注意)。そんな協力関係が築けるような環境の整備も必要ですが、恥ずかしがらず、勇気を出して「可愛らしい素敵な盲点」いってみてみると、お互い少し親近感がでてくるかもしれません。

ポジティブな相互盲点指摘ができる環境をつくるにはコチラを参考に…

 

「開放の窓」の縮め方

変にカッコつけず、自分の弱さやカッコ悪いと思っている「秘密」をオープンにしてみる。そうすれば「開放の窓」は大きく広がり、円滑なコミュニケーションが取れる事ができるのです。

 

自分の行動次第でジョハリの窓の大きさを変えることで、コミュニケーションを円滑にすることができます。ジョハリの窓で考えると、コミュニケーション円滑化の鍵を握るのは、周囲ではなく自分であるといえるのです。

 

 【あわせて読んでほしいコミュニケーション論】