職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

デキる営業はココがデキる、6つのポイント

営業職っていうのは商品を売る職種なのですが、商品を売ってればいいはずの営業なのに、「使えない営業」や「あてにできない営業」、そして「デキる営業」なんてものが存在します。どうせなら、「デキる営業」でありたいのですが、はたしてデキる営業ってどんな人なのでしょうか。

 

f:id:ikuzusblog:20190316204004j:plain


①取引先と自社製品を良く研究していて、良く知っている

取引先が抱えている問題や課題、それを解決するための展望を取引先社員のように熟知している人は、仕事の効率が良いだけでなく、取引先の信用度も絶大なものとなります。そして自社商品についても商品知識に特化しているだけでなく、商品に関わる裏話だったり、この商品を使うとこんないいことがあるんですっていうプレゼンができると、商品に関する専門家と見られるだけでなく、この営業となら一緒にやってみたい、使ってみたいという、お客様の取引してみたい意欲もグッと増すのです。



②凡事徹底している

時間・納期・約束を守る
身だしなみがキチンとしている
あいさつや言葉使いがキチンとできる

営業としてではなく、人として、当たり前なことを当たり前にできる人。
これ結構難しいんです。



③目標数字の達成が成長と信じ、貪欲に行動できる

営業たるもの売り上げにはこだわらなければなりません。達成が難しそうな目標を前にすぐに諦め努力しない人と、徹底的に考え抜いてガムシャラに取り組んでなにがなんでも達成しようとする人、将来的にはどちらが営業として成長しているか。
「成果にどこまでこだわれるか」がデキる営業の〝伸び代〟と言えるのです。



④安心感や親近感がある(気遣い、マナーの良さ)

取引先の担当者も人間ですから、接してて嫌悪感を感じる人とは取引したくないものです。
ちょっとした気遣いや丁寧な対応、すてきな笑顔だったり、センスある世間話で相手を楽しませたり、相手に「この人好きだな」と思わせるような親近感や安心感を与えることは、コンスタントに最適な問題解決を提案する事と同等かそれ以上の、顧客満足を生むのです。


⑤必要な時は主導権を握りリードすることができる

仕事上の取引はおおむね、最終的にはお客さんが判断します。…かといってお客様の判断が絶対ではないし、従う必要もありません。お客様だって正直どうしていいかわからないこともあるのです。
そんな時、営業が主導権を握って最良の状況を提案。最良の結果(営業に最も都合のよい状況)へ導くことができる。いわゆる問題解決型の営業ってやつです。


⑥相手の無理難題は上手くかわす事ができる

「お客様は神様」なのですが、そんなお客様にも、〝良いお客様〟と〝悪いお客様〟というものがあります。
人間が平等に与えられた〝1日=24時間〟という持ち時間。ワガママで理不尽な要求ばかり言ってくるお客様と、本当にあなたの助けを求めているお客様、どちらに時間を割くか。自分にとって〝良いお客〟と〝悪いお客〟は何なのか。大切なお客様を絶対に見誤らないのがデキる営業なのです。

 

[おわりに…]

 営業職っていうのは商品を売る職種なのですが、営業成績は商品次第で決まるかというとそうではなく、担当営業の質も商品価値に関わってくると思うのです。取引先にとって良い商品っていうのは、価値ある商品が信頼ある担当営業によって売られた時に初めて生まれてくるのではないかと思うのです。