働き方のヒント

いまいち自分の頑張りが報われていない気がしている人へ。そのストレスの解消の一助を考察しています

「パーソナル・スペース」という心理的縄張り

社会心理学で、パーソナル・スペースという用語があります。

自身の周囲に存在する、見えない心理的な縄張りという意味です。
 
隣国が侵略してくると、抵抗し、自国を防衛するようるに、
パーソナル・スペースに他人が侵入してくると、人は抵抗感を感じる時があります。
不思議な事に相手への好感度に応じて、その距離感変わってくるのです。
 
アメリカの文化人類学者、エドワード・ホール(Edward Hall)によると、
相手との関係と距離の関係は4つに分類できるとしています。
 
1(密接距離(intimate distance):0cm〜45cm)
・体に容易にさわることが出来る距離
・ごく親しい人(家族、恋人等)がこの距離にいることは許されるが、それ以外の人がこの距離に近づくと不快感や抵抗感を感じる
 
2(固体距離(personal distance):45cm〜120cm)
・共に手を伸ばせば相手の手が届く程度の距離がとられる
 
3(社会距離(social distance):120cm〜350cm)
・身体に触れることは出来ない距離
・あらたまった場や上司と接するときにとられる距離
 
4(公衆距離(public distance):350cm以上)
・講演会や公式な場での対面のときにとられる距離
 
個人差はあるようですが、さまざまなケースに応じて使い分けたい考え方です。
 
【これも読んでほしい、伝え方のヒント】