職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

モチベーション最重視のリーダーは、リーダーとして有能と言えるのか

意欲が常に湧き上がり、モチベーションが高く維持できている働き方は理想的であると言えます。

しかし、モチベーションそのものは「ささいな理由で上下してしまう、個人の気分」でしかありません。成果を出す人はどんな仕事をするときでも、自身の気分に関心を払わず、淡々と仕事をするものです。モチベーションは高い方が良いですが、高いモチベーションをもつ人が良い仕事をするとは限らないのです。

つまり、良い仕事をするために、常に高いモチベーションを維持する必要はないのですが、モチベーションが高い人は能力が高く、特別な教育せず放っておいても成果を出してくれる、扱いが楽で夢のような人材であると勘違いしている人は結構多いと思います。 

実際はむしろ逆で、高モチベーションの人ほど、親切丁寧に目標のすり合わせや、目標達成への環境作りをすることが大切なので、決して扱いが楽な人間ではなく、労力かけてでも、最も気を使うべき人材である事を深く認識すべきと思うのです。

 

モチベーション最重視のリーダーはリーダーとして有能なのか?

 

職場で、モチベーションを最重視するリーダーによく遭遇します。こういうリーダーの元では認めてもらうために、やりたくない事も「その仕事やりたいです!」と言わなければならず、脅迫観念に似た高モチベーションアピールを維持しなければなりかねません。見せかけの高モチベーション維持は決して理想の働き方ではなく、窮屈でしかありません。

大小様々なプロジェクトや係の担当者を決めるとき、その人選はリーダーの重要な仕事ですが、能力以上にやる気を重視してしまう、高モチベーション重視主義という考え方は、適切な人員配置を妨げているように思えます。

低モチベーションでも有能な人は立派な成果をあげることができます。仕事の担当決定の決め手は、やはり職務遂行能力であり、モチベーションの有無はあくまで付加的なものとして見るべきなのでしょう。

メンバーの能力を見ず、モチベーションの有無のみで安易に人選してしまうリーダーは、メンバーの事をよく知らず、人選の判断材料が目に見える範囲のモチベーションくらいしかない、チーム運営能力に欠けるリーダーである事を暗に示してしまっているのです。

 

もし自席の近くにやる気をやたら重視しているリーダーがいたら、その人は度量のある尊敬すべきリーダーではなく、実はあらゆる場面で安易な判断をしてしまいかねない無能なリーダーなのかもしれません…

 

〈合わせて読んでほしい、職場のコミュニケーション論〉