職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助になれば、幸いです。

「一生懸命頑張っているのに、思うようにみんなが動いてくれない…」と嘆いている人は、「信頼の蓄積」が足りてないのです

仕事は、面倒くさい事が多いです。

しかし面倒な事でも自分一人で処理することができるなら、まだ良いかもしれませんが、厄介なのはその面倒を「頼む時・頼まれた時」です。

不思議なもので、同じ頼み事でも、相手に抵抗感なく頼める人とそうでない人が存在します。なぜこのような差がでてしまうのか。それは頼む人の「信頼の蓄積」が関係しているからです。「信頼の蓄積」がたくさんある人は、さほどの抵抗なく周囲を巻き込めますし、そうでない人は周囲を巻き込む事で、ものすごい抵抗を受けることになるのです。

 

信頼はどのように蓄積されていくのか

 

それは何か大きいことを成功させ実績をつくらなければならないという事ではなく、継続的な小さい成功・実績の積み重ねです。たとえば

・普段の仕事をソツなくこなす
・約束を守る
・的確な報告・連絡・相談
・ちょっとした声かけ・雑談
・こまめな情報共有
・相手のメリットのなる行動をする

といった小さい成功・実績が、信頼を蓄積することにつながります。
逆に

・普段の仕事がミスばっかり
・約束を守らない、スルーしてしまう
・的外れな報告・連絡・相談
・だれとも話そうとしない
・無意味な秘密主義
・自分のメリット最優先の行動をする

日常的にこのような行動の人は信頼を蓄積できないどころか失っていくことになります。

 

コミュニティごとで「蓄積すべき信頼」は違う

 

信頼の蓄積することの大切さは万国共通ですが、「蓄積すべき信頼」は職場ごと、仲間内でも、そのコミュニティごとでそれぞれで違うのが難しいところです。

仕事ができても生真面目で面白みのない人より、仕事は並でもゴマスリが上手い人が出世したり、仕事ができるが上司に何かと意見・反発する人より、仕事は並でも操り人形のごとく従順な人の方が重宝されることはよくありますが、結局は相手への「蓄積すべき信頼」を見極める力の差がそうさせてしまったわけであり、的を得た蓄積が肝要と言えるのです。

 

”不思議と助けが集まる愛されキャラ”の人は、そのコミュニティでの「蓄積すべき信頼とは何か」をよくわかっていて、普段から信頼蓄積に努めた結果であるということなのでしょう。ちょっと天然っぽくて可愛げのある子分タイプのあの人は、本当に天然なのではなく信頼蓄積が天才的に上手いという事なのかもしれません。

 

一方で、一生懸命頑張っているのに、誰も助けてくれない人もいます。それは周囲への「蓄積すべき信頼」を見誤っているのか、”不思議と助けが集まる愛されキャラ”の人のように、日頃の信頼蓄積の努力をしていないからかもしれません。

協力を得たい時、チームをまとめたい時、人を動かすのに必要なのは、高い身分ではなく信頼の蓄積という見に見えない、極めて解りにくいものです。だから人を動かすのは大変なのでしょう。

 

【これも読んでほしい、コミュニケーション論】