働き方のヒント

いまいち自分の頑張りが報われていない気がしている人へ。そのストレスの解消の一助を考察しています

職場の自席の近くに「操り人形のようなリーダー」がいて、非常に興味深く観察しています

職場の自席の近くに「操り人形のようなリーダー」がいて、非常に興味深く観察しています。

人の上に立つ者は人柄が重要であると聞いたことがあります。まったくその通りと思いますが、この「人柄」ってやつですが、最近、操り人形のようなリーダーを見ているとこの人を採用した人事担当は「人柄≒優しい≒従順≒気弱≒扱いやすい」と考えているような気がしてしかたありません。リーダーに必要な人柄ってのはきっと「目標に導く賢さや強さ」なのではないかと思うのです。

 

アドバイス通りにしか動けないリーダー=操り人形のようなリーダー

 

チームを率いるべきリーダーが、チームとしての意思決定や行動を考える時、上司や周囲の人に相談することはよくあることです。

仕事でのアドバイスは本来ありがたい貴重なご意見であるはずですが、この「アドバイス」は、問題解決のための適切で賢明な意見であったり、アドバイスという名の体の良い命令に近い事もあったりして、その時々で種類が異なることがあるというのが、すこし厄介なものであると思います。

それはそれでリーダーがアドバイスをよく吟味し、最適な行動をすればよいわけですが、残念なことにそれができないリーダーもいます。アドバイス通りにしか動かないリーダーがいるのです(うまくいかなかったらアドバイザーの発言であることをほのめかしたりすることもある)。こんなリーダーは本当に残念極まりないし、リーダーとして適切な意思決定など出来る訳ないのです。

  

〈参考に読んでほしい「伝え方のヒント」〉

 

アドバイス通りにしか動かないリーダーは本当のリーダーと言える事ができるでしょうか。そんな人はリーダーではなく、ただの操り人形でしかありません。結局はリーダー自身の考えが大事で、アドバイスを「自分の考え」というフィルターにかけ、考える作業をしていないから、結果的にアドバイス通りにしか行動できないのだと思います。

「自分の考え」のフィルターにかけて行動した結果、反発する人はいるかもしれません。しかしそれは当然のことで、それをまとめていくこと(もしくは戦うこと)がリーダーの役割であると思います。自分の考えを通すためなら多少の反発も覚悟の上で頑張れるかもしれませんが、そこを回避して安易に選択したアドバイス通りの行動に対する反発は、大変辛いものであると思います。なぜなら人から言われてやっているだけで、そこには自分の考えなんてないからです(内心自分もアドバイスが間違っていると思いながら行動してたりすると、なお辛いと思う)。

 

考えや意思のないリーダーは必要か?

 

操り人形なリーダーも一生懸命頑張っているのだから、そんな操り人形のためにチームの意思決定は職位上位者の合議制にして、操り人形リーダーはその決定にしたがい実行する体制にすればよいのでしょうか。会社としても扱いやすい方が、なにかと便利かもしれませんが、それで良いわけはなく、現場もしくは問題に直面しているリーダーが自身の考えをもってスピーディーかつ適切な行動をすべきで、それができないのであれば、リーダーの立場からさっさと降ろして、他の適任者に早々に譲るべきでしょう。そのほうが、リーダーに関わる人みんなが仕事がしやすくなると思います(意思決定に関わることになる職位上位者もその方が楽なはず)。

 

自身が「操り人形のようなリーダー」であると悟ったとき、どうするか。自ら降りてもらうのが潔いですが、そのときは操られるのが身に染み込んでいるので、本物の操り人形のように、自らの考えで行動するという発想が欠落していて、そもそも悟ることが困難かもしれません。

チームを運営するにあたり、「リーダー」というポジションは必要不可欠です。そのポジションに位置する人が、リーダーして有能であれば最高ですが、無能であっても形だけの「リーダー役」として有用であることも確かなことで、無能であれば「操り人形」として扱えがチーム運営としては事足りるのです。

そう考えると「操り人形のようなリーダー」は非常に可哀想な人であるとも思えてきますが、もし、操り人形が上手く機能していないようなら、それを生み出した人事担当が責任を持ってリーダーとして適切な「自分の考え」を持たす再教育をするか、退場させるのが筋なのかもしれません。

 

【合わせて読んでほしい、伝え方のヒント】