伝え方のヒント

主に、仕事を円滑にするコミュニケーションを考察しています

曖昧な指示で困っている人に知ってほしいこと

 価値観や言葉の捉え方は、人によって大きく異なる

 
「〇〇みたいな感じ‥」
「〇〇的な‥」
どんな仕事でも、感覚的な言葉をふんだんに使ったやりとりがあります。気の合う人との感覚的な言葉の会話は、話しているだけで仕事が片付いていくように感じます。しかし、感覚的な言葉は、捉え方も双方の感覚に依存されますので、お互いの意図が合致するとは言い切れないことを注意しなければいけません。
 
「結局お任せって事かな」と勘ぐり、伝わった雰囲気をもとに自分なりに考えてやってみると、出てきた成果に対して「これじゃない」なんて言われ、やり直しする事態に陥ってしまうのは、よくある事ではないかと思います。
なぜこのような事が起きるのか。理由は至って単純で、「価値観や言葉の捉え方は人によって異なる」事を説明する側・される側がよくわかっていないからだと思います。
 
自分と似たような感覚を持っていると感じる人でも、価値観や言葉の捉え方は大きく違います。説明や指示をする時は「双方の捉え方がブレる事がない(少ない)基準」を定義しながら説明すれば、相手への伝わり方は格段に上がると思います。例えば
・(美容院で)バッサリと短めにお願いします…(←何センチ切るのか)
・(冠婚葬祭などで)常識的な金額で…(←年収300万の人と1000万の人では大分違います)
・(本人は気を使っているつもり)普通でいいです(←あなたの「普通」って何?)
・(一通り言いたい事を言った後に、締めの言葉として)「そんな感じでお願いします!」(←結局、どうして欲しいのかわからない)
 
曖昧な言葉を「認識がブレない共通語」にする
 
曖昧な言葉の使用を否定するつもりはないですが、正確に何かを伝えた方が良い場面(業務の指示・説明など)では、曖昧な言葉の使うのはよいとしても、曖昧な言葉が出てきたら「それは◯◯という事」と具体的な補足説明を入れ、説明をする側・される側の間で、曖昧な言葉に「認識がブレない」定義付けをしていく作業が必要だと思うのです。
そうした作業を続けていく事で、曖昧な言葉がだんだん「認識がぶれない共通語」となっていきます。そのようになっていく過程は結構面白いものと感じます。
 
曖昧な言葉で苦労している人多いと思います(←自分もそう)。少なくとも曖昧な言葉で苦労した経験を持つ人は、自身が指示する・説明する立場になった時、伝達不良による、時間の無駄な浪費を防がなければならないと切に願うところです。
 
【これも読んでほしい、伝え方のヒント】