職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

職場で敵を作らず、上手くやってる人のポイント3つ

同じ働くなら、仲間と仲良く気持ちよく働きたいものです。

 

ですが、職場=仲良しグループというわけではないので、怖い上司や嫌な同僚に目をつけられ、時折理不尽かつ嫌な思いをしてしまうのはよくあることであると思います。

 

「みんなが仲良くて、気持ちよく働ける職場」は理想的ですが、なかなか実現はむずかしく、とりあえずは面倒な状況は避けたいというのが現実な訳ですが、理不尽な職場でも不思議と敵を作らない人はいるもので、その特徴は3つあると思うのです。

 

f:id:ikuzusblog:20190309173025j:plain

 理不尽な職場でも不思議と敵を作らない人はどんな特徴があるのか

 

①相手の素の自分を出させるのが上手い

職場で敵を作らない人は、元々人に好き嫌いがなく、分け隔てなく付き合えることができるのに加え、適度な距離感だったり、会話から本音を引き出すのが上手いので、相手も素の自分を出しやすいのです。

 

②相手の素をよく知っているので、人物分析が的確。相手に対する対処が上手い

相手が素の自分を出してくるので、長所欠点含めて、精度の高い相手の情報が入ってくることになります。なので相手に対する性格分析も精度の高いものとなるのです。精度の高い性格分析からの相手への対応は、自ずと的をを得たものとなるのです。「地雷(相手の逆鱗に触れること)」なんて決して踏むことはありません。

 

③ポジティブ変換と褒め方が上手い

的確な人物分析に素ずく褒めは、相手の心に確実に刺ささります。相手の欠点なことも、ポジティブ変換できるので、適当なお世辞が誠実な褒めに聞こえてしまうという強烈な強みをもっているのです。

 

 

【おわりに…】

ぶっきらぼうな発言が特徴な人でも、好かれる人とそうでない人、大人しい人でも好かれる人とそうでない人がいます。

その差は相手を受け入れる雰囲気とポジティブ感なのでしょう。

すぐ相手と壁を作る、悪口ばかり言うネガティブな人とは付き合いたくないし、敵も作りやすい。そんな人にならないよう、まずは自分の行動に気をつけるのが大事といえるのです。