職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

高コンテクスト文化と低コンテクスト文化で考える、職場のコミュニケーション

エドワード.Tというアメリカの社会学者は言語と文化において、世界にはコミュニケーションのパターンが2つあるとしています。

 

①高コンテクスト文化

人間関係や社会習慣など言語メッセージ以外に依存するタイプのコミュニケーション。詳しく説明しなくてもお互いに分かり合える、察しの文化といえる。「聞く力」が重視される。

②低コンテクスト文化

言語が緻密性をもっていて、言語以外のものに依存しないタイプのコミュニケーション。何事も言葉にして明らかにしないと分かり合えない、言葉の文化といえる。「言う力」が重視される。

 

高コンテクスト文化と低コンテクスト文化では、コミュニケーションに対する考え方が根本的に違うのがわかります。 

 

では、日本のコミュニケーションのパターンはどうかというと、日常的に「空気を読む」とか「行間を読む」といった“あえて言わない美徳”があり、高コンテクスト文化に分類されます。日本においては、相手に全てを言わせないのがコミュニケーション上手な人で、聞き手の能力が問われるコミュニケーションスタイルなのです。傾聴力をテーマにするビジネス書をよく本屋で見かけますが、これは日本が高コンテクスト文化だからと言えるでしょう。

一方、世界の大部分は低コンテクスト文化です。お互いの経験・価値観・倫理観・宗教観・歴史観は大きく異なり、偏見すらある中で交わされるコミュニケーションは「通じない」ことが前提で話さなければならないのです。

  

高コンテクスト文化の日本でも、最近は価値観の多様化で、同じ日本人同士でもコンテクストを共有することは難しくなっています。職場では的確・正確な情報伝達をしなければならない場面も多く、仕事でメッセージを伝える時は「相手も自分と同じ様に解釈してくれるだろう」なんて安易に期待せず、相手は自分のことをよく知らないという前提で、相手に理解できる様にコミュニケーションをとらなければならないのです。

職場での高コンテクスト・コミュニケーションは信頼関係の構築という部分では、大切ですが、それ一辺倒な人は「あの人はいい人だけど、情報共有能力がなく、仕事の能力の低い人」という烙印を押されかねないのです。

 日々過ごす職場は、低コンテクスト文化で言語による情報伝達が大切。「言わなくてもわかるでしょ」ではなく、「言わなきゃわからない」のです。

 

要は高低コンテクストどちらが良いのかという事ではなく、使い分けが大事ってことなのです。