職場のコミュニケーション論

職場における、コミュニケーション由来のストレス解消の一助

仕事では行動を起こす原因になっても、失敗の原因にはできない「忖度」という難しい習慣

仕事で何か問題が起きた時、安易な責任回避の手段があります。それは…

「その場の雰囲気でそうするしかなかった」なんて発言で、第三者が決して確認することができない、記憶や気持ちといった自分の思考やその場の雰囲気を責任とするのです。最近では「忖度する」なんて言葉がよく使われるようになりました。

 

ちなみに「忖度」とは〝他人の心中やその考えを推し量ること〟が本来の意味ですが、今日の「忖度」という言葉は、推量した上で「何かに配慮して行動する」という意味が加わり、〝両者の力関係を背景に、公表できないような要求の受け入れを迫られ行動した〟という使われ方が最近の主な使われ方のようです。

 

日々の仕事でもはっきり要望を言わず、どうか察してください的な感じを醸し出す人は多く、そういった場面では相手の気持ちを「忖度」できるかどうかで仕事のスピードが変わることも事実です。「あうんの呼吸」なんて言葉もあります。

 

しかし、「忖度」した結果、重大なミスを起こしてしまったとき、「忖度した結果、ミスしてしまいました」なんて言い訳は通じず、明確な原因追及が求められます。「忖度」は仕事上、行動原因になりえるですが、言い訳にはならないのです。

 

仕事での「忖度」はダメなのか?

 

 日々の仕事で「忖度」することは決して悪いことではなく、対等な人間関係においては、潤滑油として大切なことであると言えます。

しかし、ピラミッド型の権力構造で「忖度」というものが働くと、上位の人間がその権力を背景に、責任を負うことなく自分の意思を下位の人間に行動させることが可能となります。忖度は責任の所在を曖昧にできる、責任者にとって都合の良い習慣という一面も持っているのです。

会社という組織で生きる以上、意見は違えども上司の意思に従うことは必要ですが、もし問題が起きた時、上司が責任をとってくれると思いきや「下が勝手にやりました」みたいな対応されちゃうことも無きにしもあらずで、逆に「忖度」を求める部下と手取り足取り面倒みてしまう上司の関係も然りです。ビジネスで便宜を図るための忖度は良いことばかりでは無いのです

しかし部下がミスしたときに、上司が「忖度」してくれてうまく対処してくれたなんて事も多々あるわけで…これは対等な人間関係においての潤滑油に属するものなのですしょう。

 つまりは業務上の忖度は潤滑油として必要だけれども、責任追及の場で忖度を持ち出すのはナンセンスで、そうならないように日頃から明確な指示や意思表示はしていかなければならないという事だと思うのです。

 

【コチラも読んでほしい、コミュニケーション論】