読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝え方のヒント

主に仕事で役立ちそうな、コミュニケーションのヒント

生産性の高いチームを作るために、大切な事

「必要最低限な業務連絡があり、黙々と無駄なく仕事をこなすメンバーで構成されたチーム」と「日頃から雑談が多く、業務に関わらずメンバー全員がざっくばらんに色々話せるチーム」どちらが生産性が高いでしょうか。前者の方が生産性が高い気もしますが、Googleの研究によると後者になります。

 

Googleが発見した、生産性が高いチームが持つ共通のパターンは「心理的安全性」

 

2012年、Googleは自社の何百ものチームを調査し、生産性が高いチームが持つ共通のパターンを追求すべく、Aristotleというコードネームのプロジェクトに着手しました。

検証の結果、生産性の高いチームに見られる共通パターンは

・最高の人材のみで構成されている
・チームで働く事に、同じメリットを感じるメンバーで構成されている
・報酬が良い
・メンバーは仕事外でも交流していて、同様の趣味を持っている
・メンバーの学歴が同じレベル
・特定の人格タイプやスキル、背景をもっている
・強力なリーダーシップを発揮する人物に統率されている
・しっかりとしたルールがある

 

…ではなく、

 

他者への心遣いや同情、配慮や共感といった「心理的安全性」の部分でうまくいっているという事でした。

 

冗談交じりの会話をしていることも多いが、話し合いは日頃から活発に行い、仕事のことだけではなく、個人的な話や感情も分かちあっていて、誰もがリラックスして活力を感じることができるチームが、成功したチームに共通して見られたパターンでした。
メンバーがお互いの人格やその背景を認め合っていて、不信感もなく心を開いている事が重要というのは、納得がいくものであると思います。 

 世界的な経営学者エイミー エドモンドソン教授は、スピーチフォーラムのTEDにおいて、この「心理的安全性」についてあるチームの定義として「懸念・疑問・ミスなどを声に出しても大丈夫」という信頼感があるかどうかで決まる。と語っています。

 

メンバー全員が気軽にざっくばらんに色々話せる環境がいい仕事を作り出す

 

Edmondson教授が「心理的な安全性」の重要さに気づいたのは、専門治療を行う病院における医療過誤の頻度の調査に参加した時。看護師と医師から構成される調査チームでは人為的ミスによる調剤過誤のデータを集めており(中略)調査当初、Edmondson教授は「いいチームは過誤の報告数が少ない」という予想を抱いていましたが、調査結果を分析したところ、当初の予想とは全く逆の「いいチームほど過誤を報告する」ということが判明したとのこと。このことから、「よいチームであるほど医師と看護師の間でダブルチェックが行われ、過誤についての話し合いが行われている」のだとEdmondson教授は考えました。(引用元:職場を崩壊させないために必要な「心理的安全性」を作り出す方法 - GIGAZINE

エドモンドソン教授は、対人関係にリスクがとれ、前向きに学習できる職場が「心理的安全性がある職場」と言えると語っています。

 

ミスの大小に関わらず活発な報連相や意見交換があると、細かい修正がしやすいので、ミスの顕在化は多いけれども結果的に大きいミスがなく、チームの運営システムとしては強固なものができると思います。

「こんなこと言ったら、バカにされるかなぁ」とか、「あの問題は大したことないから、言わなくていいや」ではなく、ざっくばらんにみんなで情報を共有し、少しずつ増やされたチームの知見はいつしか大きな力となって、チームを成功に導いてくれるのだと思います。

また「チームの目標に向かってみんなで学習していこう」と頻繁に勉強会を開くというのではなく、肩肘張らないで、自然発生的に雑談の延長から情報交換が出来る、そんなチームの雰囲気を醸成していくことが、「心理的安全性のある職場」を作るのに大事な事であると思うのです。

 

ちなみに心理的安全性があるチームを作るために、要注意な人物はこんな人

 

エドモンドソン教授はもう一つ興味深いことを述べています。それは「自己印象操作」というもので、自分を無知で無能な人に見せないための解決策は非常に簡単であると述べています。

 多くの人が、自分のことを賢明で役に立ちポジティブな人だと思われたいと願っています。自分を無知で無能な人に見せないための解決策は非常に簡単。つまり、無知だと思われないためには「質問をしない」、無能だと思われないためには「間違いや弱点を認めない」、押しつけがましいと思われないためには「アイデアを出さない」、ネガティブだと思われないためには「現状を批判しない」というような行動を取ればよいのです。(引用元:職場を崩壊させないために必要な「心理的安全性」を作り出す方法 - GIGAZINE

この「自己印象操作」という心理学的テクニック、大人なら一度はやった事があるのではないでしょうか。社会人たるもの「その場を上手くしのぐ、やりすごす」ための術を心得ておく事は必要で、「心理的安全性」のあるチームにするために、「自己印象操作」は必要なのではないかとすら思えます。

 人間関係に波風立てない・自己保身に優れた術である「自己印象操作」。

エドモンドソン教授が示す「自分を無知で無能な人に見せないための解決策」のポイントを我々の日常の場面で考えると以下のような人のことでしょうか…

・「質問をしない」→よくわかっていないのに「わかりました」といい、従順な印象をアピールする

・「間違いや弱点を認めない」→とにかく言い訳が多い。

・「アイデアを出さない」→現状維持が何より大事で、何かを改善しようとする意思が見られない。指示待ちが多い。

・「現状を批判しない」→話をあわせようと相槌が多く、自分の考えを一切言わない。

 

この様な人はどの職場にもいるもので「その場の空気」を悪くしないため、その様な行動を取るのは理解できますし、その行動を否定するつもりはありません(自分もちょくちょくやってしまいます)。自分の周りにも「自己印象操作」が多い人っています。その人達を思い返してみると確かに無知で無能な人には見えないですが、人間的に面白みがないと感じます。そして「自己印象操作」が多い人が「対人関係にリスクがとり、前向きに学習できる」とは到底思えません。もし「心理的安全性がある職場」を構築したいのであれば「自己印象操作」が日頃多いと感じる人の扱いかたには注意が必要でしょう。

 

 【これも読んでほしい、伝え方のヒント】